車のエクステリアを理解しよう

車のエクステリア

車のエクステリアを理解しよう


クルマのエクステリアとは、外観・全景のことを言います。彗星

 

ボディはもちろん、バンパーや窓ガラス、エアロパーツ、フォグランプ、アルミホイールなど外から見える部分の全体を指しています。

 

クルマのフォルムは時代と共に変わってきました。戦前のクルマは優雅なフォルムのものが多く、それは今見ても美しい輝きをはなっています。

 

また戦後の合理性を求められるようになると、移住性を確保しながらも、様々なサイズのクルマがデザインされていきました。

 

直線基調のフォルムが流行した時代もあれば、丸みを帯びたフォルムが流行した時代もありました。

 

さらに、荷物を多く積めるようにワゴンタイプのクルマや、人が大勢乗ることができるようにワンボックスタイプのクルマ、さらに悪路も走ることができるように大きなタイヤをはいたRV車など、ユーザーのニーズに応える形でフォルムは変わってきました。

 

また、様々なエクステリアパーツが販売されているので、クルマを購入後自分の好きなようにエクステリアを変えることも可能です。

 

手軽で人気なのは、アルミホイールを履き替えたり、エアロパーツでドレスアップしたりすることです。

 

オリジナルと比べると、見た目の印象はかなり変わります。