車のエクステリアを理解しよう

車のエクステリア

グリルレスタイプとは


車のフロントマスクに大きなインパクトを与えるのがラジエターグリルと呼ばれる空気口です。ラジエターの温度が上がらないように走行中空気を取り込む部分ですが、BMWやアルファロメオのように、伝統的にこのラジエターグリルを拘りをもってデザインしているメーカーは少なくありません。最近でもレクサスやクラウンなどがスピンドルグリルを採用して話題になりました。

 

 

しかし、このラジエターグリルがないグリルレスの車も存在しています。たとえば、スポーツカーのように、空気の流れを良くするためにフロント部分を低くしてシャープなデザインにしている場合があります。ラジエターグリルがないデザインもグリルを目立たせる車とは逆に洗練された未来的な印象を与えます。このあたりはカーデザインなーの手腕の見せ所なのかもしれません。ただし、ラジエーターへの走行風は必要なので、ラジエターグリルがない車の場合は、たとえばバンパーの下部から空気を取り入れるようにデザインしたりして工夫しています。また、ラジエターグリルを外してラジエターをむき出しにしている車も時々見かけますが、走行中、物が飛び込んできたり、雨が入ったりなどあまりよくありませんので、グリルがきちんと取り付けたほうが良いでしょう。


ラジエーターグリルの形状には各メーカーが様々なデザインを施している


欧州車はラジエーターグリルにこだわりを持ってデザインしているメーカーが多いです。たとえば、ドイツのBMWは伝統的にキドニー・グリルと呼ばれるデザインを踏襲しています。これは2つ並んだグリルが腎臓(キドニー)のように見えるということで名付けられたのですが、初めてこのキドニー・グリルが採用されたのはなんと1933年のことです。それ以来ずっとこの形を踏襲することで、BMWの顔が一目でわかるほど認知されるようになりました。またイタリアのアルファロメオも戦前から縦長のグリルデザインを踏襲しています。

 

木

国産車ではデザインが限定されるという理由などで、欧州車ほどグリルの形を意識してこなかったようですが、最近は事情がやや変わってきており、たとえばレクサスは一目でレクサスだと識別できるように、スピンドルグリルという特徴的なグリルを前車に採用しました。最新型のトヨタクラウンアスリートも、スピンドルグリルに似た大型のグリルを採用し、非常に強いインパクトを与えています。しかし、オーナーからは賛否両論あるようで、どちらかというと若者向きという意見が多いようです。欧州車のように、グリルの形とブランドが一致するには、長い歴史が必要なのだと感じますね。

 


車の顔ともいえる重要なパーツ


}PgžxQラジエーターグリルは車の顔ともいえる重要なパーツです。そもそもの役割は、走行中のエンジンを冷却するための空気の取り入れ口として、あるいは異物が飛び込んでこないようにカバーとしてのあるわけですが、このグリルのデザイン一つでその車の印象が大きく変わるために、各メーカーはグリルのデザインに力を入れることになります。最近の車の中で印象的なのは、レクサスのスピンドルグリルや新型クラウンの大型化されたグリルでしょう。非常に迫力があり、グリルが全体のデザインの中で埋没することなく、しっかり自己主張しています。

 

しかし、欧州車に比べると、全体的な国産車のグリルの印象はインパクトが低いと言わざるを得ません、BMWのグリルを二つ並べたキドニー・グリルやアルファロメオの縦長のグリル、さらに最近アウディもグリルをナンバープレートの下まで広げたシングルフレームグリルを導入し、一目でアウディとわかるデザインとしています。欧州車には長い歴史と伝統があり、時間をかけてグリルデザインは市民権を得てきました。国産車でも同様に、市民権を得るようなデザインを確立するには、批判にさらされながらも、確固たる信念と意思を貫く必要がありそうです。


衝撃吸収ボンネットって?


車のボンネットはエンジンなどを収納しているスペースのカバーとしてしられていますが、じつはその機能は多岐にわたります。

 

単純にカバーとしての機能だけではなく、エンジンルームを冷却したり、空気抵抗を抑える機能のほか、衝突から乗員をを守るという大事な機能も備わっているのです。ボンネットの裏側には骨組みが組まれていますが、衝突事故などの際にはこの骨組みが折れ曲がることによって衝撃を分散させる仕組みになっているのです。

 
さらに最近の車には衝撃吸収ボンネットと呼ばれるものが用いられるようになりました。

従来のものが車や乗員を守ることを前提に作られていたのに対し、このボンネットは事故の際に車と衝突した歩行者などを守ることを目的として作られているのです。

 

歩行者との衝突事故の際は歩行者が車によってはね上げられ、そのままボンネットと激突して身体に強いダメージを受けてしまうことが多いのですが、この新しいボンネットは内部に衝撃吸収材を用いており、歩行者がボンネットに激突した時のダメージを低減させるよう働きます。}PgžxQ

 

交通事故から車や乗員を守るという発想を転換させ、相手方の身体のダメージの低減をも考慮した、ある意味で画期的な機能といえます。


安全面も考慮されている


普段何気なく乗っている自動車には、事故に対して乗員を保護するためのありとあらゆる対策が取られています。
例えば、衝突の衝撃を和らげるバンパーやその内部のレインフォースなどは今も昔も変わらず付いているはずです。
こうした対策とあまり関係ないと思われがちなのがボンネットです。

 
ただの蓋だと思っている方も少なくないかもしれません。しかし、ボンネットには安全性を考慮した多くの技術が詰め込まれているのです。
どのようなことかというと、70年代の自動車にはフロントウインドウ側からボンネットが開くようなものが主流でした。しかし、現在はほとんどがヘッドライト側から開くようになっています。

}PgžxQ
どうしてそうなったのかというと、フロントウインドウ側からボンネットが開くタイプで激しい衝突事故を起こすとボンネットがガラスを突き破って車内に入り込み、乗員に大きな被害をもたらす可能性が高かったからです。

 
実際にこのような事故を受けて改善がされていき現在のヘッドライト側から開く形式になったのです。

 
それだけでなく、ボンネットの裏にはくぼみがつくられており、正面からの衝撃を受けた際には中央から真っ二つに折れ曲がるようにもなっています。
またボンネットヒンジ部分にも工夫がされており、もしも、ボンネットヒンジが千切れてもボンネット自体が引っかかるようにヒンジがカギ状になっているのです。
このようにボンネットはただの蓋ではなく安全面もしっかりと考慮されているのです。


ボンネットはただの蓋ではない


ボンネットはエンジンルームの蓋で、欧米ではエンジンリッドやエンジンフードと言われています。

 

これは、エンジンルームのキャビンに近いボディーの骨格部分に蝶番で取り付けられており、以前は手でこの蓋を開けると整備作業などをする時に倒れてこないようにストップバーで内側に設けられており、穴の部分にバー先を引っ掛けて固定するタイプが一般的でしたが、近年では持ち上げると一定の圧が掛かるガス式ダンパーが設置されており、安全性が保たれています。

 

エンジンルームの蓋をする役割だけに止まらず、近年の新車ではとくに安全性を大きく配慮して作られています。

 

確かに、エンジンルームが雨に当たらないようにそれらの部品を守る役割もあるのですが、人身事故を引き起こした場合に、歩行者との衝突時に車に跳ねられた歩行者の頭部を守り、その衝撃が少ないものとする工夫がされて開発されています。

 

さらに、正面衝突時にも蓋の裏側に特殊なインナーバーという柱のようなものが張り巡らされていて、キャビンへの衝撃を潰して吸収するなど様々な安全への対策がとられ取り付けられています。

 

さらに走行性能や燃費のことも大きく考えて風邪の流れが良くなるように流線型のデザインとなっています。


バンパーの性能


木の実バンパーの性能を、車においての役割、デザインまたはちょっとした豆知識を加えて説明します。

 

まず車においての役割ですが、車が万が一何かに衝突した場合に、衝撃を吸収してくれる役割を果たす部品になります。

 

また衝撃吸収が主な役割ですが、車体の前後に取り付けられている為、ボディと一体化したデザインなどにより、装飾を兼ねる部品となっていて、軽度の交通事故に遭遇した際に、一番修理の多い箇所でもあります。

 

性能としては、車の側面の衝突には役立ちませんが、前後の衝突においては車体だけでなく、乗っている人へのショックもやわらげてくれる効果があります。

 

以前はスチール製のものが主流でしたが、最近ではほとんどが変形した形状を復元する性質を持つウレタン製のものとなっています。

 

このように安全性を高める機能だけでなく、車自体のイメージにも直結するデザイン面でも貢献しています。

 

シャープなイメージだったり、逆にボリューム感を出したりと、ドレスアップによって様々なアレンジをすることが可能です。

 

また上記のように、変形して修理する事が多いことや、イメージチェンジで交換したりする為に、自動車部品製造会社から出荷される純正部品の中でも、最も多い部品の一つでもあります。


バンパーのデザイン


バンパーとは元々のコンセプトとして車を守るという意味合いで取り付けられていました。

 

そのため、素材は硬い鉄製合金のものが多く、コーナーや前方部分にショックラバーという衝撃を吸収したり車をキズから守るというものが付いている製品が多く、車体を守るという概念が高い側面がありました。

 

1980年代後半にに入るとバブル経済に突入し、500万円を大きく上回る価格の車がバンバン売れるようになり、このころの車には高級な装備が付くようになり、エンジンも3000cc以上の大型なものが多く、ターボ車やスーパーチャージャーなどの過給器を搭載した高性能エンジンのものも多く、必然的に車両重量が重くなっていました。

 

そこで軽量化を図るため、外販に使われる金属を軽量化し、尚且つ剛性を高めることなりました。

 

現在は、以前の概念と変わってきて正式には緩衝装置と言うようになりました。

 

緩衝装置と言われることとして、車を守るという概念から、人を守るという概念に変わってきたということです。

 

そのため、骨格の外はウレタン性やFRPのものが多く、何かと当たれば簡単に潰れます。
さらに車のデザインを大きく考慮して現在では一体型(ツライチ)となっているものが多いです。

 

デザインのおいては販売の推移を左右するため非常に重要となっています。

雷


衝突の衝撃を吸収してくれるバンパー


自動車の前方部分と後方部分の取り付けられたバンパーは正式には緩衝装置と言います。惑星 この緩衝装置の役割としては衝突時に衝撃を吸収したり、人体に対して伝わる衝撃をそこで吸収することで緩和する目的として取り付けられているものです。     従来の自動車はほとんどが金属製でメッキや塗装が施されていましたが、車の燃費改善のための軽量化やデザイン性などを考慮し、現在ではウレタン性やポリポロピレンにFRPなどの材料が利用されています。   衝突による緩衝装置の役割は人間を守ることでは、高速走行をしたときにその効果を高く発揮しエアバッグと共に人間への衝撃を抑えます。 では、低速の場合はと言うと、エアバッグが開かないような低速の事故の場合、人間が衝撃を受け怪我をすることは少なく、車の損傷が大きくなります。 とくに前方からの何らかの衝突事故の場合、車のボンネット部分が大きく損傷します。   エンジンルームにはラジエーターやエンジンなどの多くの部品が入っていて、前方からの事故の際に一番手前で損傷するラジエーターを守る役割があります。   ラジエーターはエンジンを冷却する重要なもので、これはラジエーターコアサポートと共に緩衝装置に守られています。 緩衝装置の内部には金属の骨格と緩衝材が組み込まれています。