車のエクステリアを理解しよう

車のエクステリア

衝突の衝撃を吸収してくれるバンパー


自動車の前方部分と後方部分の取り付けられたバンパーは正式には緩衝装置と言います。惑星 この緩衝装置の役割としては衝突時に衝撃を吸収したり、人体に対して伝わる衝撃をそこで吸収することで緩和する目的として取り付けられているものです。     従来の自動車はほとんどが金属製でメッキや塗装が施されていましたが、車の燃費改善のための軽量化やデザイン性などを考慮し、現在ではウレタン性やポリポロピレンにFRPなどの材料が利用されています。   衝突による緩衝装置の役割は人間を守ることでは、高速走行をしたときにその効果を高く発揮しエアバッグと共に人間への衝撃を抑えます。 では、低速の場合はと言うと、エアバッグが開かないような低速の事故の場合、人間が衝撃を受け怪我をすることは少なく、車の損傷が大きくなります。 とくに前方からの何らかの衝突事故の場合、車のボンネット部分が大きく損傷します。   エンジンルームにはラジエーターやエンジンなどの多くの部品が入っていて、前方からの事故の際に一番手前で損傷するラジエーターを守る役割があります。   ラジエーターはエンジンを冷却する重要なもので、これはラジエーターコアサポートと共に緩衝装置に守られています。 緩衝装置の内部には金属の骨格と緩衝材が組み込まれています。


コメントを受け付けておりません。