車のエクステリアを理解しよう

車のエクステリア

グリルレスタイプとは


車のフロントマスクに大きなインパクトを与えるのがラジエターグリルと呼ばれる空気口です。ラジエターの温度が上がらないように走行中空気を取り込む部分ですが、BMWやアルファロメオのように、伝統的にこのラジエターグリルを拘りをもってデザインしているメーカーは少なくありません。最近でもレクサスやクラウンなどがスピンドルグリルを採用して話題になりました。

 

 

しかし、このラジエターグリルがないグリルレスの車も存在しています。たとえば、スポーツカーのように、空気の流れを良くするためにフロント部分を低くしてシャープなデザインにしている場合があります。ラジエターグリルがないデザインもグリルを目立たせる車とは逆に洗練された未来的な印象を与えます。このあたりはカーデザインなーの手腕の見せ所なのかもしれません。ただし、ラジエーターへの走行風は必要なので、ラジエターグリルがない車の場合は、たとえばバンパーの下部から空気を取り入れるようにデザインしたりして工夫しています。また、ラジエターグリルを外してラジエターをむき出しにしている車も時々見かけますが、走行中、物が飛び込んできたり、雨が入ったりなどあまりよくありませんので、グリルがきちんと取り付けたほうが良いでしょう。


コメントを受け付けておりません。