車のエクステリアを理解しよう

車のエクステリア

バンパーの性能


木の実バンパーの性能を、車においての役割、デザインまたはちょっとした豆知識を加えて説明します。

 

まず車においての役割ですが、車が万が一何かに衝突した場合に、衝撃を吸収してくれる役割を果たす部品になります。

 

また衝撃吸収が主な役割ですが、車体の前後に取り付けられている為、ボディと一体化したデザインなどにより、装飾を兼ねる部品となっていて、軽度の交通事故に遭遇した際に、一番修理の多い箇所でもあります。

 

性能としては、車の側面の衝突には役立ちませんが、前後の衝突においては車体だけでなく、乗っている人へのショックもやわらげてくれる効果があります。

 

以前はスチール製のものが主流でしたが、最近ではほとんどが変形した形状を復元する性質を持つウレタン製のものとなっています。

 

このように安全性を高める機能だけでなく、車自体のイメージにも直結するデザイン面でも貢献しています。

 

シャープなイメージだったり、逆にボリューム感を出したりと、ドレスアップによって様々なアレンジをすることが可能です。

 

また上記のように、変形して修理する事が多いことや、イメージチェンジで交換したりする為に、自動車部品製造会社から出荷される純正部品の中でも、最も多い部品の一つでもあります。


コメントを受け付けておりません。