車のエクステリアを理解しよう

車のエクステリア

衝撃吸収ボンネットって?


車のボンネットはエンジンなどを収納しているスペースのカバーとしてしられていますが、じつはその機能は多岐にわたります。

 

単純にカバーとしての機能だけではなく、エンジンルームを冷却したり、空気抵抗を抑える機能のほか、衝突から乗員をを守るという大事な機能も備わっているのです。ボンネットの裏側には骨組みが組まれていますが、衝突事故などの際にはこの骨組みが折れ曲がることによって衝撃を分散させる仕組みになっているのです。

 
さらに最近の車には衝撃吸収ボンネットと呼ばれるものが用いられるようになりました。

従来のものが車や乗員を守ることを前提に作られていたのに対し、このボンネットは事故の際に車と衝突した歩行者などを守ることを目的として作られているのです。

 

歩行者との衝突事故の際は歩行者が車によってはね上げられ、そのままボンネットと激突して身体に強いダメージを受けてしまうことが多いのですが、この新しいボンネットは内部に衝撃吸収材を用いており、歩行者がボンネットに激突した時のダメージを低減させるよう働きます。}PgžxQ

 

交通事故から車や乗員を守るという発想を転換させ、相手方の身体のダメージの低減をも考慮した、ある意味で画期的な機能といえます。


コメントを受け付けておりません。